トップ / 印刷のオンデマンド方式とは

印刷のオンデマンド方式とは

印刷コストと時間削減

オンデマンド方式の印刷の特徴

オンデマンド方式では機械に電子的なデータを直接取り込んで印刷を行う為、版を制作する必要がありません。従って、版制作のコストと時間が削減されるという利点があります。また電子データは修正が容易な為、可変的な出力にも向くという利点も併せ持っています。但し、1枚当たりの費用自体は版制作を行う場合よりも高くなるという問題があります。版制作に掛かる費用をその差額が埋めてしまった場合、それ以上の枚数を印刷すると費用が1枚当たりの費用が逓増する事となります。従ってオンデマンド方式は、枚数が一定以下に限られる小ロットの発注・内容を次々変化させて行く場合により適すると言えます。

オンデマンドの仕組み

オンデマンドと利用者の要求に応じてサービスすを提供することで、その印刷は要求があり次第迅速に刷ることです。大量に刷る事が出来る大型プリンターのデジタル式が登場して高速化が進み、この方法が可能になりました。現在インクジェット法式とトナー法式が主流を占めていて、インクジェットは一般用と同じでトナー式は一般にはレーザープリンターと言われているものをです。オンデマンド印刷機には刷ることだけではなく、それを作るための必要な精度を持っていることが要求され、それが普段私たちが使っているものと違う点です。この方法は必要とされる情報を必要とする人にだけ配ることができるのがメリットです。

↑PAGE TOP