トップ

印刷の基本設定を学ぼう

印刷文字を拡大する

拡大印刷するときの注意点

A4サイズなどの紙にパソコンとプリンターを使用して印刷する場合ですが、小さい文字などは拡大したいものです。そういった場合の注意点として、ページ内からはみ出さないようにしなければなりません。全体を1ページ以内で収めたい場合は、パーセントで大きくするよりもページ内に収まる最大の大きさに指定するほうが望ましいです。パーセントで印刷すると、1ページ内に入りきらない場合や、逆にあまり大きくならなかったり、ページ内でちょうどよい大きさにならない場合があります。ページ内に収まる最大の大きさに指定するとちょうどよい大きさになります。

拡大図の作業について

グラフィックソフトや文書作成ソフトで製作したデータは、気軽に印刷する事が可能です。拡大や縮小、カラーやモノクロの指定も簡単に出来ます。図画によっては拡大状態でアウトプットした方が、見る人に伝わりやすい場合があります。例えば、一枚目はデータの通りアウトプットし、二枚目の用紙には見せたい部分をクローズアップしたデータを載せる等すれば、より製作者の意図が伝わるでしょう。ただし、400倍や500倍といった高倍率のクローズアップ印刷をしたい場合は、プロに相談した方が良いかもしれません。普通のデータを画像ソフトで単純にクローズアップしてしまうと、解像度が急激に落ち込み、返って見づらくなる恐れが高いです。

印刷の様々な種類情報

新着情報

↑PAGE TOP