• 失敗しない太陽光発電の選び方

  • 太陽光発電の導入は、数百万円の単位でお金が掛かるものです。高額なだけに絶対に失敗はしたくないですね。

    「思ったよりも発電量が少なく、大した節約ができない」
    「発電量は充分だが、設置費用が高すぎたため、何年たっても元を取れる見込みがない」
    「設置費用の元を取る前に、パネルが壊れてしまった」

    こうした失敗を防ぐためには、次のポイントが大切です。
    ・発電量と価格を見比べて、何年で元が取れるか計算する
    ・元を取れるまでの期間、メーカー保証がついているか確認する
    ・複数のメーカー、施工業者から見積もりを取り、より安く性能の良いシステムを選ぶ

    正確な情報を元に、この3つのポイントを慎重に判断しましょう。そうすれば、太陽光発電の失敗はほとんど無くなります。 高額な買い物ではありますが、充分な発電量があれば、電気代の節約や余った電気の売電による経済効果も見込めます。 太陽光発電は、維持経費やメンテナンス費用がほとんど掛からないのも特徴です。原理的には、発電装置と太陽の光さえあれば、電気を生み出すことが可能なためです。

    「設置費用を安く抑え、ある程度の発電量で電気代を節約する」 「充分な投資で大電力を発電できるシステムを導入し、売電収入を得る」など、“何のために太陽光発電を導入するのか”と、 “どの程度の年間発電量を目標とするのか”を明確にイメージし、それに合ったプランを選びましょう。太陽光発電で失敗しないための、大切なポイントです。